専門外来のご紹介

専門外来の診療内容

アレルギー外来

食物アレルギー

定期的に食物負荷試験を行っています。
食物アレルギー

食物アレルギーの正しい診断は食物負荷試験です。 血液検査が陽性でも食べられる方もいますし、 陰性でも食べられない方もいます。 また一度、食物アレルギーの診断を受けても経過とともに改善することが知られています。 食べられるようになったかどうかを確認するのにも食物負荷試験が必要です。


ページトップへ戻る


アトピー性皮膚炎

適切なスキンケアや薬物療法で多くのお子さんは軽快します。

アトピー性皮膚炎の十分な治療を行うことが食物アレルギーの診断につながります。 また、食物負荷試験を行うにあったてもアトピー性皮膚炎のコントロールが必要です。 スキンケアや軟膏処置のビデオを供覧 していただいています。



ページトップへ戻る


ぜんそく

様々な検査から喘息の状態が詳細に把握できます。

喘息の診断は特有の症状が繰り返されれば診断できます。
しかし、症状が乏しい場合には呼吸機能検査(おおむね6歳以上)で診断ができることもあります。
また、呼吸機能検査では喘息のコントロールの状態をより詳しく判断できます。呼吸機能検査にはスパイログラフ・モストグラフ・呼気一酸化窒素濃度・ 気道過敏性検査等があり、それぞれの特徴があり総合的に判断します。


当院では、さまざまな医療機器を使って、ぜんそくの重要度を調べます。

医療機器

★当院でご用意した喘息の日記はこちらからダウンロード頂けます。
宜しければご活用下さい。

ページトップへ戻る




免疫療法(スギ・ダニ)

免疫療法はアレルギーを治癒させることが可能な唯一の治療方法です。

通常の薬物治療(飲み薬や点鼻薬・目薬)は症状を一時的に軽快させるだけですが、免疫療法はアレルギーを治癒させることが可能な唯一の治療法です。(ただし全員に効果があるわけではありません。)



ページトップへ戻る




専門外来の受診方法

便秘

便秘

透視レントゲンによる精密な検査を受けられます。
食物アレルギー

以下の様な症状は便秘の可能性があります。

・排便は週2回以下
・排便や排便時の痛み・出血を伴うことが頻回(週1回以上)
・トイレに流せないような固く大きい便
・排便に10分以上かかる

このようなことが続けば(2ヶ月以上)慢性便秘の 可能性があります。ご相談ください。 重症の便秘の場合は造影検査が必要なこともあります。

★当院でご用意した便秘の日記はこちらからダウンロード頂けます。
宜しければご活用下さい。




専門外来の受診方法

ページトップへ戻る